生涯賃金を上げるために必要なこと

看護師のキャリアパスとして最も選ばれることが多いのが病院勤務です。患者と蜜に接することができ、仕事の内容に魅力を感じて就職する人も多いでしょう。一方で、稼げるからこそ看護師として病院勤務を選ぶという人もいます。その際に気になるのが生涯賃金ですが、平の看護師として働き続けた場合は、実は他の職種と生涯年収はほとんど変わらない状況であることも理解しておきましょう。

病院は一般企業に比べると昇給のチャンスが少ないからであり、生涯賃金を上げようと考えるのなら、計画性と努力が欠かせません。最も代表的な例は、昇進して看護部長や看護師長を目指していくことです。たとえその目標の途中でキャリアが止まってしまったとしても、看護師としてステップアップをしておけば、かなりの給料アップを望めます。特に病院の規模が大きくなるほどその傾向が強く、大学病院や都市部の大病院を選ぶと、生涯賃金は一般的なサラリーマンを越えることも可能です。中規模の病院でも役職がつけば、結構な額になるのが一般的であり、平均的な生涯賃金と比べるとかなり高めになります。

しかし、基本的には大病院の管理職ナースともなると狭き門になってしまうため、計画的にキャリアを身につけていくことが重要です。看護経験を養うだけでなく、客観的に能力があることを示せるように関連する資格を取得したり、学会に参加するなどして努力する必要があるでしょう。そのため、現場の仕事だけでなく、勉強や研究に積極的に取り組む熱意が大切になります。